庵治石の特徴/最高級墓石材としての庵治石
有限会社 島本石材工業
ホーム 国産石の紹介 墓石加工の種類 加工のグレード よくある質問 庵治石のトラブル例 リンク集 マスコミ取材履歴
庵治石の価格
庵治石の種類
庵治石の特徴
庵治石の製作例
会社紹介
石屋の親方日記
石材店様専用入り口

福岡 博多の森石材店

島本石材工業さんと
出合って13年に・・
(有)島本石材工業
島本石材工業トップ > 庵治石の特徴
庵治石の特徴
庵治石の山庵治石の年間産出量は約300,000トン(2003年現在)ですが、実際にきちんとした製品になる割合は1%(3,000トン)と言われています。

それは他の山に比べて、不純物の混ざった「層」と「層」の間隔が非常に狭くなっていることにより使用できる部分が少ないうえ、その使える部分にも傷が多く、カサネも多い。しかも錆びて赤い部分も多いからです。

それらをしっかり、1つも逃さず、よけて作るのが私たちの最大の仕事のひとつです。
「傷」とは
傷
(傷の写真です。
クリックすると拡大します)

お墓を制作する過程で必ず避けなければならないの障害の一つである「傷」とは、石の成分の裂け目、もしくは外的要因によって「ヒビ割れている部分」をいいます。

「傷」にはいくつか種類があります。
・採石場での発破作業などによる「傷」
・石同士の接触による衝撃でできた「傷」
・そして最も発見しにくい、石そのものに元々含まれている極小の「傷」これは細い糸か、髪の毛くらいの細さがほとんどです。

では、なぜこのような「傷」を避ける必要があるのか。
単に「完成時に見栄えが悪くなる」「縁起が悪い」ではなく、一番の理由は「傷」は水を吸い、溜め込みやすいからです。

屋外にあるお墓は雨が降れば濡れ、晴れれば乾燥し、暑い日には高温に、寒い日には水分で凍りついたりします。そのような環境で、お墓にとって「傷」は致命傷なのです。

ホコリや鉄分などの汚れを含んだ雨水を「傷」が吸収乾燥を繰り返していれば、その部分の汚れはひどくなり、錆が出たりします。更に最悪の場合、乾燥しないまま凍結すれば、その部分が膨張し、欠けたり割れたりするためです。
「カサネ」とは
カサネ
(カサネの写真です。
クリックすると拡大します)

どの石種でも、墓石に使用される部分は「不純物の混じった層」と「層」の間の、墓石に使用できる成分の場所から採掘されます。その「不純物の混ざった層(成分の境目)」のことを「カサネ」と呼んでいます。

庵治石の「カサネ」は概ね白く、鉄分を含んだ赤茶色や、緑色の斑点が多く付いています。厚みや大きさ、見え方などさまざまですが、比較的発見は容易です。

しかし、この「カサネ」も「傷」と同じく、そのまま排除されずに墓石を完成させた場合、時にはそれに沿って点々と、もしくは線になって錆が発生します。大きな「カサネ」の場合は、ちょっとした衝撃でそこから真っ二つに割れてしまう可能性もでてきます。

どうして特に庵治石には「カサネ」に注意が必要なのか。それは庵治石の「層」は、他の石種よりも間隔が狭く、使用できる部分が非常に小さく限られているからです。

更に、その中から綺麗な石目の部分だけを使うとなると、より一層選択、制作は難しくなり、どうしても「カサネ」ギリギリにになってしまうのです。

もしも庵治石のお墓に、赤茶色の点々の連なり、もしくは黒色(灰色)の線がいくつもの面につながって見える場合は、排除しきれていない「カサネ」の可能性があります。
カサネ 割れ
(カサネで真っ二つに
割れた石です。
クリックすると拡大します)
以上の「傷」と「カサネ」の二つは、場所、方向、深さの見極めに細心の注意が必要です。

実際に、せっかく庵治石のお墓を建てたのに、傷やカサネが取り除かれていないために支障が生じられる方も多くいらっしゃいます。

私どもでは細心の注意を払って、この「傷」「カサネ」の排除を徹底し、より高度な技術で加工を施しているため、庵治石に関して創業以来ノークレームです。

また。お客様に少しでもご安心頂くために、制作時のメール配信サービスも行っております。(ご希望の方はお申し付けください。)

>>>>お客様からのご感想<<<<
ご建立いただいたお客様からのご感想です。

石材の産出地だからこそ出来ること。
お問い合わせは087-845-9482島本 壽

メールメールでは24時間受け付けています。

お問い合わせフォームはコチラ

ホーム 庵治石の価格 庵治石の種類 庵治石の特徴 お墓の製作例 会社紹介 石屋の親方日記 石材店様専用入り口
国産石の紹介 墓石加工の種類 加工のグレード よくある質問集 庵治石のトラブル例 リンク集 マスコミ取材履歴 推薦者の声

powered by 墓石 霊園 お墓
庵治石・国産墓石専門 有限会社島本石材工業
copyright 2012 (C)shimamoto sekizai kogyo co.,ltd.AllRights Reserved
当サイト内における画像・文章・その他一切の無断転載及び無断使用を禁止いたします。